あやせの勉強備忘録。

資格、検定の勉強について書いています。完全独学です。

【行政書士】資格の大原のアプリ

こんにちは。2024年度も行政書士試験に向けて勉強しています。

正直まだまだ危機感が無くさぼってしまう日もありますが、、そろそろちゃんと勉強してないといけないなと思っているところです。

 

さて、今年も去年愛用したアプリで勉強していこうと思って実際そのアプリはコツコツやっているのですが、
去年やりこんだアプリでもあるので結構答えを覚えてしまっているところも多いんですよね。

 

【行政書士】アプリ 行政書士秒トレ - あやせの勉強備忘録。 (studynotebookblog.com)

studynotebookblog.com

 

あと、このアプリは憲法・法律の穴埋めがメインなので、実際の問題の感じがつかめなかったり判例等の知識はあまり増えないかもなという懸念もあり、
何か別のアプリもないかなと思ってとアプリストアを見ていたところ、、、

資格の大原さんがアプリを出していました!

なんで去年は気づかなかったんでしょう。。

早速インストールして解いてみています。

今日はこの資格の大原のアプリについて話していきたいと思います。

行政書士勉強に関して効率的な学習方法や便利な勉強ツールを探している人々に読んでもらいたいです。

 

 

アプリの正式名称:
資格の大原 トレーニング 行政書士 2024年度版

f:id:ayase-kn012:20240624205943j:image

ちなみに有料です。

無料で数問は解くことができますが、それはあくまでもお試しで、問題全部を解こうと思うと課金する必要があります。

憲法」、「行政法1」、、、など単元ごとにお金がかかります。

単元によって値段が変わり、大体500~800円くらいだったかと思います。

f:id:ayase-kn012:20240624205954j:image

私は全ての単元に課金しました!

 

アプリの特徴:

私がこのアプリを使っていて一番良いなと思ったのが、自分で好きなようにカスタマイズして問題が解けることです。

シャッフルして解くことができるのはもちろん、
私が解いた問題の記録(何回解いたか。正答率。)がアプリ内に残っているようで、あとから苦手問題だけフィルダーをかけて解き直すこともできます。

それから、自分で「この問題は完璧!」、「この問題はもう一度!」等マークをつけられるので、
正答率だけでなく、そのマークごとにフィルターをかけて問題を解くこともできます。

 

f:id:ayase-kn012:20240624210113j:image

私は正直、紙の問題集だと答えの順番を覚えてしまったりするので、
こうやっていろんな順番で問題が解けると、
本当に自分が分かっているかどうかで解かないといけなくなるので知識が付いていっているような気がします。

 

スマホを使って勉強するメリット:

私はスマホのアプリを使うことによって勉強時間が増えたなと感じています。

スマホは軽量で持ち運びやすいため、いつでもどこでも勉強が可能です。

前にも別のスマホ勉強アプリの記事の時も書きましたが、電車を待っている時、移動中、寝る前など、隙間時間を有効活用できます。

アプリを開くだけで、すぐに学習に取りかかれるので、短い時間でも効率よく勉強できます。

 

 

資格の大原の新しい行政書士勉強用アプリを活用して、効率的に学習し、合格を目指しましょう。

興味のある方は、ぜひダウンロードしてみてください!

【TOEIC】仕事での英語使用を通じて成長

私は最近のTOEIC855点を取りました!

という事で、855点を取るためにどんな勉強をしたかを書いていきたいと思ったのですが、
実は私はTOEICのための特別な勉強をしたわけではなく、日々の仕事で英語を使っていたおかげです。

元々私はTOEICは700点台は取っていたのですが仕事で使うまでの自信はなく、
しかもずっと目標としている800点台にはなかなか到達出来てなかったんですけど、
ひょんなことから無理やり英語を使う業務にアサインされ、あわあわしながら英語を使っているうちに英語力が上がっていたみたいです。

という事で、今回はこの1年間仕事を通じて何を自分がしてきたか、どのように自分の英語力が向上したかを振り返ってみたいと思います。

英語に苦手意識があるけど仕事で英語を使う機会が多いという方、苦手意識を克服したい方に対して、「今は大変でも、こんな感じで頑張ればきっとTOEICの点数も上がるかもよ」と励みになれば嬉しいです。

 

私が仕事で英語を使う場面

私が仕事で英語を使う場面は、毎週のオンライン会議、メールでのやり取り、そして報告書の作成です。

特に会議では、英語でのディスカッションやプレゼンテーションが求められることが多く、最初は非常に緊張しました。

(※最初のうちは、同じ会議に参加してる他の人が私の声を聴いて、私の声が震えているのが分かるほどでした!(笑)恥ずかしい(笑))

こういった場面では、自分なりに考えて原稿を作り、当日までに何度も家で練習してから臨んでいました。

原稿を作るときは最初のうちはDeepLやGoogle翻訳を使っていました。

 

また、メールのやり取りも重要な英語使用の場面です。

最初は一文一文に時間をかけていましたが、短い時間で伝わる文章を書く能力が身につきました。

原稿を作る場合でも、メールを書く場合でも、自分の中で「よく使えるな!」と思ったフレーズはエクセルに一覧を作っています。

 

さらに、職場に海外の会社から出張で来ている方がいれば、その方と積極的に英語で話すようにしていました。

カンペキに言えるようになるのを目指すためというよりも、緊張しないで英語を話す練習みたいな気持ちです。

日常的な会話から業務に関するディスカッションまで、様々なシチュエーションで英語を使うことで、英語を話すのに抵抗感が無くなってきました。

 

あとは、まずは相手の言っていることが分からないと話にならないと思い、会話力向上のためにリスニング力を上げるために、家にいるときは英語のYouTubeを見ていました

この話は以前ブログににも書いたことがあるかと思います。

【英語学習】インド英語のリスニング対策は? - あやせの勉強備忘録。

studynotebookblog.com


アメリカ人YouTuber、イギリス人YouTuber、インド人YouTuberなど、様々な国の訛りの英語を聴くようにしました。

このように多様な英語のアクセントに触れることで、リスニング力が飛躍的に向上したと思います。

ちなみに、英語のニュースやドキュメンタリーも見たりしましたが、まだなかなか難しいですね。。。

 

英語力の向上を感じた瞬間

最初の数ヶ月は、会議の内容を理解するのに苦労しましたが、だんだん通訳なしでも会議でどんなことが話されているか分かるようになりました。

あとは、次第に発言する自信がつき、英語で意見を述べることができるようになり、「自分の英語力上がっているかも?!」と思いました。

特に嬉しかったのは、自分の発言が他のメンバーに理解され、反応がもらえた瞬間です(会話が続くとか、話が進むとか、何かの結論を導き出せたりとか)。

他には英語でのメール文を考える時間が短くなり、以前よりも迅速に対応できるようになったと感じます。

 

リスニングとリーディングのスコア

さて、では私のTOEICの点数はどんな感じだったかと言うと、855点のうち今回(2024年4月)リスニングは465点でした。前回(2023年4月)が445点だったので、20点上がっています。

仕事での会議やディスカッションを通じて、リスニング力が向上したことを実感しています。

と言うかリスニング力ばっかりどんどん上がっていく。。。

というのも、実は今回(2024年4月)リーディングは390点でした。前回(2023年4月)が350点くらいだったので上がっていますが、リスニングと比べると今後の課題はリーディング力の向上かなと思います。

リーディング力を高めるために、英語のビジネス書やニュース記事をもっと読むことを心がけたいと思います。(本当に頑張れそうであれば、、、)

 

 

最後に、仕事で英語を使う機会を得られたことに感謝し、これからも英語力の向上に努めていきます。

次は900点目指して頑張りたいです。

【中国語学習】130日間の挑戦と成長

こんにちは、以前私はDuolingoというアプリで外国語学習をしている話をしました
インドネシア語は最近もうやっていないですが、、、💦)

studynotebookblog.com

 

最近でもずっと続けているには続けているのですが、最近は中国語の勉強に力を入れています。

Duolingo で中国語の勉強をし始めてから大体130日くらい経ったので、今回は私のDuolingo 実体験や中国語レベルがどうなったか(私の主観ですが)と書いていきたいと思います。

もし今中国語勉強をされている方だったり、「Duolingo ってどうなの?」と思っている方がいましたら参考になれば嬉しいです。

 

私のDuolingo 実体験

前にも書きましたが、Duolingo とは言語学習アプリです。

studynotebookblog.com

無料版と有料版がありますが、私は無料版で勉強しています。

勉強しないと通知が来るんですが、私はそれのおかげで毎日欠かさず勉強出来ています。

1回のレッスンが5~10分くらいで終わるので、忙しい日や疲れた日でも気軽に取り組むことができます。

実際に私は仕事が忙しい日や飲み会があって帰宅した時にものすごく眠かったりすると、1レッスンだけしかやらないという日もあります。

 

私は元々中国語は勉強していたのですが、リスニングをあまり重視していませんでした(笑)
リーディングやライティングができればいいやと思っていました。。

studynotebookblog.com

ですが、やっぱりさらなる上達を目指すためにはリスニング力も必要だと感じ、Duolingoだとアプリが発音してくれるのでリスニングの勉強にもなると思い、中国語の勉強を始めました。

 

 

中国語レベルがどうなったか(私の主観)

Duolingoを続けてみて、正直リスニング力は最初に比べて着実に向上しているかなと思います。

もちろんまだまだ初級~中級くらいですが。

これまで「漢字を見て大体意味は分かるけどどうやって読む(発音する)かは知らない」というものばっかりだったのですが、今は聴いてどんな漢字なのか思い浮かべることができるものが増えました。

 

それから元々中国語の勉強自体はしていたということで文法や単語(漢字)は知っているものもありましたが、Duolingoを通じて沢山の問題を解いた結果、文法力や単語力の強化にもなっていると思っています。

 

上達したのを実感したのにも一応エピソードがあって、先月友人と一緒に東京ディズニーランドに行った際にアトラクションに乗る前のアナウンスの中国語バージョンが少しだけ聴き取れました!

全文聞き取れたわけではないのですが、こういう日常生活での小さな変化があると「また勉強頑張ろう」って思えますよね。

 

 

 

 

今のところ中国語の勉強を中断するつもりはないです。これからも継続して学びを深め、さらなる上達を目指していきたいと思います。

そして、前回2022年3月に受けてからあきらめてしまっていたHSKにも今年は挑戦したいと思っています。

 

いかがだったでしょうか?

同じように中国語の勉強をされている方の参考になることがあれば嬉しいです📝

【簿記3級】内容や難易度、必要な勉強時間の目安と実体験

2024年いかがお過ごしでしょうか?

 

私は2月に簿記3級を受けてきました。
そして見事合格✨していました!

 

簿記合格を目指すにあたって、どの程度の勉強時間が必要になるのか気になる方は多いと思います。

 

本記事では、日商簿記3級の内容や難易度、必要な勉強時間の目安を紹介し、さらに私の実体験も書いていきたいと思います。
これから簿記の勉強を始めようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

簿記3級の内容と難易度、必要な勉強時間の目安

日商簿記3級の内容は基本的な商業簿記です。2級以上では工業簿記が含まれていますが、3級では範囲ではありません。
簿記を初めて学ぶという方でも十分合格を狙える難易度です。
ちなみに合格率は、大体40~50%です。

 

簿記3級合格するまでに必要な勉強時間は一般的に、50~100時間以上と言われています。
これは、もちろん人によって学習スタイルが異なりますが、1日に1時間~2時間の学習時間が確保できるのであれば、簿記3級は2~4ヶ月くらいです。

 

私の実体験

私は2024年2月の試験で簿記3級に合格しました。
試験に向けての勉強期間は1ヶ月くらいです。平日に1時間、休日に2時間くらいの勉強で、合計勉強時間は30時間程度です。

 

ただ、先ほど「試験に向けての勉強期間」と書いたのですが、実は私は2024年2月に受験する前に一度簿記を勉強してあきらめたことがありました。

なので、その時の勉強時間と合わせると大体50~60時間くらい勉強したと思います。

ちなみにその一度勉強してあきらめたのがいつかと言うと、実は、私はコロナ渦の初期のステイホームが騒がれていた頃でした。
何か新しいことを始めようとして簿記の勉強をしていました。

 

その頃は大体1か月くらい勉強したのですが、初めての簿記の勉強でしかも独学だったので仕訳だけ一通り分かったかなというタイミングで疲れてしまい、総勘定元帳や試算表、財務諸表の勉強をせずに止めてしまいました。💦

 

もっと言うと実はそのタイミングで1回簿記3級を受験してみたのですが、仕訳しかできない状態だったので当たり前のように不合格。

今思えば仕訳の問題しか点数取れないんだから合格する訳がないのですが、そこで苦手意識まで付いてしまい、しばらく簿記からは遠ざかっていました。。。

 

そこから簿記3級を改めて取ろうかなと思ったのが、2024年の年明けです。

どういう心境の変化があったかと言うと、初めての簿記3級に落ちてからの約3年間でFP2級宅建に合格したり、行政書士に挑戦(不合格だったので今年も挑戦予定)したりしている中で「簿記の知識もあった方が自分の知識の幅が広がる」と思ったのです。

しかも私は色々な資格、検定に挑戦している中で将来独立したいとも思うようになり、自営業になった場合簿記の知識も必要になると考えました。

 

そうして簿記3級に再チャレンジすることにした私は、まず仕訳をもう一度しっかりやるために、アプリで仕訳の勉強をしました。

宅建行政書士の勉強でアプリを使っていた話をした時にも言いましたが、私はアプリで勉強するのは良いと思っていて、なぜなら夜寝る前のベッドの上だったり電車の中だったり、自分の体勢や時間を気にせず勉強できるからです。

 

また、私は昔あきらめて買っただけになってしまっていた簿記3級の過去問題集を開きました。
その過去問題集というのは下記です。

 

私は、過去問題集は仕訳以外の問題(総勘定元帳や試算表、財務諸表)を解くために使いました。

というのはどういうことかと言うと、簿記の問題って大問4つくらいあるのですがそのうち大問1は毎度仕訳問題でして、それを飛ばしてそれ以外の問題を解くようにしました。

表の問題は特にテキストで勉強したりはせず、いきなり過去問題集を解いて、「この形の表はこんな感じで解いていく」というのを覚えてきました。

 

そうして臨んだ簿記3級の試験は、思ったよりもスラスラ問題を解くことができ、数年前に苦手意識を持ってしまったのがウソみたいでした。(笑)
あれは完全に私が悪いけど。(笑)

 

最後に改めて言うと、正直、簿記3級は表の形と解き方のパターンを覚えれば計算ミスさえしなければ正解できると思います。

私は次は2024年6月に簿記2級を受けようと思っています。

皆さんの中にももしこれから簿記(3級でも2級でも)勉強する方がいらっしゃれば一緒に勉強頑張りましょう!📝

【Duolingo】続けられている理由

前に書きましたが、8月末ごろからDuolingoで語学勉強をしています。

私が勉強している言語は、インドネシア語と中国語と韓国語の3言語です。

インドネシア語は英語版のDuolingoアプリでないと勉強出来ないので、私は英語版のDuolingoアプリをインストールしてます。

 

 

ちなみに、中国語と韓国語も私は英語版のアプリで勉強してます。

英語にそこまで抵抗感がない方は英語版のアプリで良いと思います。

英語が苦手な方は、英語でさらに他の外国語を勉強するのは大変だと思うので、日本語版アプリをインストールすることをオススメします。

日本語版のアプリだと勉強できる言語は「英語」、「中国語」、「韓国語」、「フランス語」だそうです。

やっぱり海外のアプリなので、英語版の方が勉強できる言語は多いですね。

 

 

さて、8月末ごろから始めて、現在(2024/12/30)で連続勉強日数125日となりました✨

毎日やってると言うとかなり頑張ってるように思われるかもしれませんが、
私はDuolingoがユーザーに続けさせようとしてくれてるから続けられてるっていうのもあると思ってます。

 

 

1)連続勉強日数

Duolingoは、連続で勉強した日数をカウントしてくれています。


最低限1レッスンでも終わらせれば連続勉強日数は更新されますので、体調が悪い日は1レッスンしかやらなかったりもしてました。

ちなみに、1レッスンあたりの問題数は10〜15問くらいなので、早くできる人なら3〜5分くらいで終わります。

(このキリのいい単位が短くて済むから気軽にできるのも続けられる秘訣だったりします。)

「そんなに体調悪いなら休んでもいいのでは?」とと思われるのかもしれませんが、私としては連続日数が途切れて0になってしまうのは悔しいので続けてます(笑)

 

どうせなら365日は最低でも続けたい…
365日続けれたら1,000日まで頑張りたい…

 

 

2)ランキング

他にも「悔しいから頑張りたい」と思わせてくれる要素として、ランキングがあります。

 

https://support.duolingo.com/hc/ja/articles/360035931732-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%95-

 

全世界にいる他にDuolingoで語学勉強してる人たちとポイントを競うんです。

そのポイントというのは1レッスン受けるごとにもらえます。

ランキングは毎週日曜日の午後にリセットされ1週間ごとに最終順位が発表されます。

 

なので、要は、ランキングで他のユーザーに勝ちたい人は何レッスンも頑張るというわけです。

どうでもいいやと思う人にとってはたいして頑張る理由にはならないかもしれませんが、
私はできるだけ上位に入りたいと思っているので、時間がある日は数時間Duolingoで勉強してます👊🏼

 

【インドネシア語】勉強始めました

みなさん、外国語学習はしていますか?

会社で必要に迫られて英語の勉強を頑張っている方もいると思います。

私は、最近インドネシア語の勉強を始めました!

 

なぜ突然インドネシア語を勉強し始めたのかというと、1番は「さらにもう1つ新しい言語を習得して自分の貴重価値を上げたい」と思ったからです。

私は、今、英語が仕事で使えるレベルなのと、韓国語が聞き取りはできるかなくらいのレベルです。

韓国語は今後もっと勉強したいと思っています。

 


英語と韓国語(と日本語合わせて)の3言語であれば出来る人は割と多いのではないかという気がしていて、他の2つの勉強もしつつ、新しい言語も習得したいと考えるようになりました。

そこで始めようと思ったのがインドネシア語です📝

 

なぜインドネシア語かというと、、、

1. 文字がアルファベット、読み方(発音)がローマ字読みで比較的簡単だから
2. もしかしたら仕事で関わることもありそうな国の言語だから

です。

 

 

そして、私は勉強にはDuolingoを使っています📝

Duolingoは聞いた事があったりしてご存じの方も多いのではないのでしょうか。

言語学習アプリなんですけど、無料ですし、1レッスン5~10分くらいでできます。

なので、どれだけ仕事で疲れている日でも気分が落ち込んでやる気が出ない時でもとりあえず1レッスンはやるようにしています。(笑)

ちなみに、Duolingoは日本語版アプリだと英語、中国語、韓国語、フランス語の4か国語しか勉強出来ません。

私は英語版のアプリでインドネシア語を勉強しています。

 

 

あと、Duolingoは「スマホアプリでいつでもどこでも言語学習ができる」ということではありますが、
私は勉強中のインドネシア語を一語一句すぐに暗記できるわけではないので、ノートに書きながら勉強しています。

なので、私が勉強するのは「いつでもどこでも」ってわけにはいかないですね。

f:id:ayase-kn012:20231126114951j:image

 

せっかく勉強を始めたので検定にも挑戦したいと思っています。
Duolingoは毎日続ける予定なので、今後どれくらい成長したかまたお見せできればいいなと思います。

【行政書士】勉強記録公開

令和5年度行政書士試験、おそらく残念な結果だと思われるのでちょっと(いや、かなり)凹んでおりますが、

今回は「そうは言っても一応勉強し始めの頃に比べたら成長したよ!」と自分を慰めるための内容となっております。

 

 

私、前に行政書士の勉強アプリをインストールしている話をしました。

ayase-kn012.hatenablog.com

このアプリには、毎日どれだけの問題を正解したか?間違えたか?記録してくれる機能があります!

自分の勉強の記録が残るとモチベーションにもなりますよね。

いい機能だと私は思います。

 

 

そして、実は私、その機能で記録した毎日の正解数、不正解数をアプリを使い始めてからずっとExcelにまとめておりました!!💻

そしてその正解数、不正解数から正答率を算出し、折れ線グラフを作成しておりました。

数字で見るのもいいですが、グラフだと成長しているかどうかがより分かり易くて、私は時々それを見て勉強のモチベーションを上げていました。

 

 

という訳で、私がアプリを使い始めた2023/7/7から試験前日の2023/11/11までのアプリでの正答率は以下の通りでした✨

 

時々大幅にガクンと下がっているところもありますが、大体本番が近づくにつれ正答率が右肩上がりになっています📝

逆にガンッと正答率が上がっているところもありますが、、、これは恐らくこの日は得意な単元、得意な範囲の問題しか解かなかったからだと思っています。

 

 

私はこのアプリをずっと使っていて本当に良かったと思っていまして、
というのも、このアプリは法令の穴埋めがほとんどなのですが、
実際の試験で、法令の文言がそのまんま出題されるという問題があったからです。

そういう問題だけ解けました(笑)

 

 

裏を返すと、このアプリで網羅できなかったところの強化が全く出来ていなかったのが今回の敗因だと思っています💦

来年に向けてはこのアプリは欠かさず続けていくのはもちろんですが、このアプリに載っていない内容について勉強する工夫が必要だなと思います。

また「今こんなことやっているよ!」というのが言えたら共有したいと思います。